宇能鴻一郎の濡れて打つ

上映日 84年
配給  にっかつ
主演   山本奈津子
内容    高校一年のひろみ(山本)はテニス部に入り、先輩のお蝶こと美沙に憧れます。新しいコーチが赴任し
ひろみの腰のバネに素質と将来性を確信し個別指導を始めます。そしてお蝶との対決の日が来ます。








テニス部に入ったひろみ(山本奈津子)は、全部員憧れの的のお蝶さまに魅了されます。お蝶さまも可愛いひろみに何かと優しくし、強くなりたかったら男とはつきあってはだめと言われます。しかし、ひろみはすぐに男子テニス部のスタープレーヤー である坂西とくっつき毎朝、個人レッスンを受けています。レッスンはレッスンでもセックスのレッスンでした。ジャージのズボンを脱がせるとビローンソックスが丸まってドーナツ状になっています。これはこれでいいものです。 奈津子さんのテニスルック、可愛すぎます。





お蝶さまの誕生日のプレゼントに有名メーカーのラケットを買い求めたひろみはエレベーターで変な男と二人きりになります。男はエレベーターを止め、このままでは脱水症状になってしまうとひろみのスカートをめくりバックから肉棒注射を します。肉棒の快感で体がガクガクになってしまうひろみでした。山本奈津子さんのブレザー制服に純正三つ折りソックス、最高に可愛らしいですね。






数日後、新しいコーチが赴任します。エレベーターでひろみを犯したあの男です。そして、シングル戦の候補に、お蝶さまとひろみの二人を指名し、二人で試合をさせ勝った方をシングル戦の選手にすると宣言します。 抗議するひろみに、コーチはテニスは腰のバネで決まるといい、この前の合体でひろみの腰のバネは天性の素質であり必ず強くなると力説します。それからコーチとひろみの地獄の特訓が始まるのです。





お蝶さまは、ひろみと坂西との仲を引き裂くために坂西を誘いラブホテルに入ります。二人はセックスをしますが坂西はすぐに果ててしまいます。そして、ひろみとは別れるよう忠告します。その様子を窓の外から報道部の玉本が ビデオ撮影し、後日ひろみに見せます。玉本はひろみに片思いしており坂西と別れさせたかったのですが、ひろみは感謝しながら出て行きます。お蝶さまと坂西が学校の廊下でもめているところに、ひろみが現れ私たちはレズ関係とありもしないことを 言います。お蝶さまは、それを聞いて喜びひろみにキスをします。そして、ひろみに男なんていらない宣言をさせます。





その日の夕方のコーチとの特訓はなぜか浴場で行われました。素振りをするひろみにシャワーをかけるコーチに抗議しますが、コーチは試合の日は晴れの日とは限らないからともっともらしいことを言います。 さらに、テニスは腰のバネが勝負といい、もっとそれを鍛えるんだといって、ひろみのあそこにバックから挿入します。すっかり気持ちよくなったひろみはもうメロメロです。そこに、お蝶さまがお風呂に入ろうとやってきてしまい、 コーチはお蝶さまの綺麗なお顔に精液を命中させてしまいます。




大好きなお蝶さまに絶縁宣言されてしまったひろみは学校の屋上から飛び降りようとします。そこに、報道部の玉本が飛んできて止めますが玉本はこけてオチンチンを打ってしまいます。 オチンチンが折れたと呻く玉本を看病しようとパンツを下ろすと見たこともないような巨砲がそびえたっていました。思わずお手々で掴みグリップしてしまうひろみでした。





いよいよ、お蝶さまとの決戦の日が来ました。コーチとの特訓の成果がでてお蝶さまと互角にやりあうひろみ。ラケットのグリップを握り直した時、玉本の巨峰をグリップした感触が蘇りました。 その感触でボールを打ち返すと不規則なバウンドで、ボールがお蝶さまの股間に食い込みました。そのままいってしまい動けなくなり試合を放棄するお蝶さまです。






お蝶さまとの試合に勝利したひろみは応援に駆けつけた玉本と抱き合って喜びあいます。その夜、ひろみの部屋で玉本と合体しますが、巨砲がひろみの卵の道を擦りまくりすぐにアクメって失神してしまいます。 玉本はひろみを起こしさらにハードに合体します。

この作品は、お気づきでしょうがスポ根アニメ「エースをねらえ!」のパロディになっております。 山本奈津子さん、まさにペコリ感度最高の美少女で、当時は虜になったものです。その彼女が制服三つ、テニス三つを披露してくれるこの作品はまさに殿堂入り作品といえましょう。 ただ、三つ折りのアップ度がやや足りないところが残念な点ではあります。山本奈津子さんは、その可愛らしいルックスだけではなく、演技も実に可愛らしいのでたまりません。 テニスシーンですが、これは絶対経験者ではないとできない動きやホームですので、多分テニスの経験があるのでしょう。 あと、お蝶さま役の林亜里沙さんですが、とても整ったいわゆる貴族系の美しさと可憐さをあわせもった女優さんです。坂西との合体のとき、純正三つ折りソックスでのシーンがなかったことが残念でなりません。



inserted by FC2 system